証券口座開設の比較サイト【株ステーション】

最近よく聞く「NISA」ですが、そもそもNISAとは何?という方も少なくないのではないでしょうか?
今回は、NISAの特徴、メリットを初心者の方のためにわかりやすく解説します。

NISAとは

株式や投資信託に投資をした場合、受け取った利益や配当金に関して通常20%の税金が発生します。
しかしNISAは、NISA口座内で毎月購入した金融商品から得られる利益が非課税、つまり「税金がかからなくなる」というものです。

NISAにも種類がある?それぞれの特徴とは

一口にNISAと言っても複数の種類があります。以下ではそれぞれの特徴を解説していきます。

NISA

正式には「少額投資非課税制度」といいます。
2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。
「株式」「投資信託等の配当」「譲渡益」等が非課税対象になります。

ジュニアNISA

2016年にスタートした子供の将来に向けた資産形成を支援するために導入された非課税制度です。
また、この制度には年齢制限があり、口座開設ができるのは日本に移住する0歳から19歳までの未成年者に限定されています。

つみたてNISA

2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税
制度です。
対象商品は、手数料が水準より低い、頻繁に分配金が支払われないなど投資初心者はもちろん、幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

NISAのメリットとは

NISAのメリットは、冒頭でも記載したように「投資した商品(上場株式や株式投資信託等)に対する利益や配当金、分配金が非課税になる」ということです。
仮に資産運用で10万円の利益が出たとすると、通常の証券口座は税金として2万円が徴収されますが、NISAではそのまま10万円を受け取ることができるのです。

まとめ

このように、NISAは少額のお金で簡単に利益が期待できるので、初心者にもおすすめです。
あなたにあった投資方法を見つけてみてくださいね。

                   

証券会社を徹底比較